前へ
次へ

国内医療における患者のグローバル化

医療者の中には、外国人患者が苦手という人も多いです。
確かに言葉の違いだけでなく、医療文化や母国と日本との医療制度の違いもあり、外国人患者と関わりあうことは難しいです。
患者が何に違和感を覚えていて、何に不安を抱いているのか、そして、看護に何を求めているのかは、それぞれ異なるというのを前提に考えなくてはなりません。
こうした多様性を尊重した看護はすでに日本の医療現場でも多くみられていて、大切なのは特別扱いをすることではなく、適切に配慮することです。
ルールを変える必要はないですが、郷に入っては郷に従えとばかりに、すべて日本のやり方で押し通すこともまた、無理があります。
同じ外国人でも何年くらいに日本に住んでいて、どんなコミュニティに所属しているかで、日本語の能力に違いがありますし、それによって日本語の説明や表現を理解できるかにも違いがあります。
加えて、周囲に家族や支援者いるかどうかも異なるため、さまざまな配慮も必要です。
外国人患者は、自ら治療を選択することに積極的なので、質問や確認が多いです。
そして、滞在国でこのまま治療をするのかという選択もあり、患者の希望を受けえ留め、その選択を支援することが大事です。

Page Top