前へ
次へ

外国人との医療コミュニケーション

誰でも等しく医療を受けられる環境が整備されてる日本で、日本語がわからないという理由で、医療を受ける機会を妨げられることは、あってはならないことです。
日本の医療現場で出会う言語は英語だけでなく、アジアの言語を中心に多岐にわたります。
看護師は患者に寄り添う機会が多いため、言葉によるコミュニケーションが重要です。
しかし、すべての言語に対応するのは不可能です。
そこで、日本に住んでいる外国人に対しては、まずやさしい日本語での会話を心がけるようにします。
やさしい日本語というのは、決して赤ちゃんや子供に対して話すものではなく、理解しやすく平易な日本語で簡潔に伝える手法です。
そのうえで、患者との意思疎通において、さまざまなコミュニケーションツールを適切に使いこなす方法を知っておくことも大切です。
電子辞書やスマートフォンには翻訳機能をついているものもあり、ネット上には多言語に対応した問診票や日本語併記の医療制度の説明書や同意書の見本などもあります。

Page Top