前へ
次へ

災害時に医療が機能できる様に私達ができること

自然災害の脅威には、時に無力を痛感してしまいます。
殊に医療の現場では、平常時には施せている治療が、突然できなくなってしまう危機感を絶えず抱えているのではないでしょうか。
しかし、残念ながら災害は色んな形で襲って来ます。
東日本大震災を越えて今なお、現場でも様々な状況を想定しての準備や取り組みもなされていますが、一般の私達にも、それに備えてできる事がたくさんある様に感じます。
災害時には医療現場がしっかり機能できるように協力できそうな事を考えてみました。
災害現場では、先ずトリアージチェックが実行されて、怪我人や病人は状況により分類されます。
これがトリアージで、トリアージタグを用いて、最優先に医療機関に運ぶ順位が、意志に関係なく決まっていきます。
よりたくさんの命を救う為、ある意味仕方がない方法でしょう。
こんな時、一般の多くの方が応急手当を知っていたなら、きっともっと多くの命が救える筈です。
見つかった時、黒のタグを付けられてしまうと、残念ながら医療機関には行けませんが、もし誰かが心肺蘇生を連携して施してくれたら、赤のタグになって助かるかもしれません。
黄色のタグが緑になって治癒できるかもしれません。
そんな事も考えながら、自然災害に備えておくのも、私達にできる支援ではないでしょうか。

Page Top